景観ガイドライン/GUIDELINE
子どもたちを育むのは、
昔ながらの里山の森と響き合う緑の風景。

その森は、地域の人々の暮らしと関わってきた里山「井野の森」と、古くから地域を見守ってきた神社のある「鎮守の森」。
木々のこずえで野鳥が羽を休め、カブトムシやセミが目の前に現れ、木の実や落ち葉など四季折々の風情にあふれ、
ビューガーデンで暮らす子どもたちの恰好の遊び場になっています。
子どもたちを健やかに育むビューガーデンでは、街並みもひとつの森と考え、ありのままの森の風景と自然環境とのつながりを強く意識しました。

子どもたちを育むのは、昔ながらの里山の森と響き合う緑の風景。

その森は、地域の人々の暮らしと関わってきた里山「井野の森」と、古くから地域を見守ってきた神社のある「鎮守の森」。
木々のこずえで野鳥が羽を休め、カブトムシやセミが目の前に現れ、木の実や落ち葉など四季折々の風情にあふれ、ビューガーデンで暮らす子どもたちの恰好の遊び場になっています。
子どもたちを健やかに育むビューガーデンでは、街並みもひとつの森と考え、ありのままの森の風景と自然環境とのつながりを強く意識しました。

木々の潤いと爽やかな風に包まれる“森”の街づくり。

住まいの近くに木々の緑があふれ、四季折々の風景が日常生活と一体化していたら、子どもたちの情操教育にきっと役立つことでしょう。自然の潤いが子どもたちの心を健やかに育み、忘れられないふるさとになるのです。また、地球の温暖化や都市の緑の減少などが原因で、夏のヒートアイランド現象が問題になっています。ビューガーデン周辺でも都市化が進んでいますが、街並みを彩る木々の緑は、周辺の公園と大きな森との相乗効果で、ビューガーデンに涼しく爽やかな風を呼び込みます。

イメージ
イメージ
緑の散策を楽しめるコミュニティ道路。

各住まいを囲む木々の風景や花壇を彩る花々が、街ゆく人々の心を和ませるビューガーデンの街並み。インターロッキング舗装を施した歩行者専用のコミュニティ道路を 設けることで、クルマの通行を気にすることなく散策や子どもと散歩が楽しめます。子ども連れのママ友とのおしゃべりも、コミュニティ道路なら安心です。

イメージ
“森”のシンボルは751本の高木。

我が家の顔を作り、緑に囲まれた“森”の街をつくるために、各住まいに高木のシンボルツリーを植樹しています。シンボルツリーや鮮やかな緑を湛える木々が、子どもたちと家族、そして街とともに育っていくのです。ビューガーデンは全751区画。各住まいのシンボルツリーが成長して、やがて森の風景になることでしょう。

イメージ
街並みに緑や花のボリュームを増やす二段植栽。

宅地と道路に高低差のある区画では、石積みの高さに応じた擁壁を設置し、二段の植栽スペースを確保し、より緑を感じられる街並みを形成しています。四季折々の色鮮やかな花々を植えたり、濃淡さまざまなグリーンを育てたり、かわいらしい木や石のオブジェを置いたり、子どもたちと一緒にガーデニングも楽しめます。

イメージ
「ユーカリが丘北公園」の木々と連なる“森”の街。

高台に位置するビューガーデンの住宅街から望む位置に広がる、芝生のある公園。園内と周囲の高木が森の風景を成し、その濃い緑と連なるように、“森”の街ビューガーデンは広がっています。放課後、地域の子どもたちが大勢集まって、豊かな自然の中で走りまわったりサッカーをしたりしているシーンが印象的です。

イメージ
街区内にある子どもたちの遊び場「井野向原公園」。

ビューガーデンのほぼ中央にゆとりある広場を確保し、この街で暮らす人々が集い、語らい、子どもたちがのびのびと遊べる公園をつくりました。元気よく走りまわる子どもたちとともに成長することを願って緑の植栽も施しています。

景観ガイドライン/GUIDELINE
子どもたちの安全や触れあいを考えた、
街づくりと住まいのルール。

散策や自然観察など、森と人の触れあいにはさまざまなシーンがあります。
街並みもひとつの森と考えるビューガーデンだからこそ、街を楽しむために、子どもたちと居住者の安全な歩行やセキュリティを第一に考えました。
ゆとりある幅員や歩行者専用道路はもちろん、交通量を抑える工夫をあちこちに。
そして、条例で美しい街並みと豊かなコミュニティを守ります。

子どもたちの安全や触れあいを考えた、街づくりと住まいのルール。

散策や自然観察など、森と人の触れあいにはさまざまなシーンがあります。
街並みもひとつの森と考えるビューガーデンだからこそ、街を楽しむために、子どもたちと居住者の安全な歩行やセキュリティを第一に考えました。
ゆとりある幅員や歩行者専用道路はもちろん、交通量を抑える工夫をあちこちに。
そして、条例で美しい街並みと豊かなコミュニティを守ります。

イメージ

※掲載のイラストは、ビューガーデンの街並み及びその周辺を描いたイメージイラストであり、実際の販売住戸等を表現したものではありません。予めご了承ください。

  • 2.碁盤目ではない街区内道路デザイン。

    2.碁盤目ではない街区内道路デザイン。あえて街区内道路を碁盤目状にせずに少し入り組んだ計画にすることで、クルマのスピードを抑制する役割を担っています。また、森の中を巡る小路も意図しています。

  • 3.十字路を少なくしたゆとりある道路設計。

    3.十字路を少なくしたゆとりある道路設計。碁盤目ではない街区内道路により、危険性の高い十字路を少なくしました。それにより、クルマ同士や人との出会い頭での事故を防ぎます。さらにメイン道路には歩道が整備され安心して生活できます。

  • 4.人と車の安全に配慮したハンプ。

    4.人と車の安全に配慮したハンプ。歩行者専用道路との交差点にはハンプ(美化舗装)を設置することで、交差点に至る前から視覚的にドライバーの注意を促します。

  • ※掲載の写真はビューガーデンの街並みを2015年4月に撮影したもので、販売住戸も含まれております。